【プチプラ】妊娠線が出来ないケア方法|できやすい体質でも効果あり

妊娠線は1度出来てしまったら、消すのは難しいと言われています。
なので、予防ケアをしっかりすることが大切です。

 

私の母も妊娠線ができやすい体質で、実際に私もケアしていなかった部分には妊娠線が出来てしまいました。
しかし、しっかりケアをしていたお腹には1本も妊娠線が出来ませんでした!!

 

今回は、私が妊娠中にしていた妊娠線予防方法を紹介します!
プチプラで簡単に出来るのでオススメです。

 

スポンサーリンク

妊娠線とは?

そもそも俗に言う”妊娠線”とはなんでしょうか。

 

妊娠線とは、妊娠による急激な体型変化に皮膚がついていけず、裂けてできる線のことを言います。

皮膚の外側、いわゆる表皮層ではなく奥の真皮や皮下組織から裂けてしまうので、出来てしまったら跡を消すのが難しいと言われています。

 

肉割れと同じ原理ですが、妊娠中にできる場合は妊娠線と呼びます。

 

スポンサーリンク

【安定期】妊娠5ヶ月のケア

私が実際に妊娠中にしていたケア方法を紹介します!

ケアを始めたのは安定期からで、少しお腹が出てきたと感じてから保湿を始めました。

 

あまりお金を使いたくなかったので、コスパを考えて、夜のお風呂上りに

ニベア スキンミルク しっとりを塗っていました。

 

スポンサーリンク

妊娠7ヶ月から妊娠後期のケア

妊娠5ヶ月から7ヶ月までは、夜にニベアを塗るだけのケアでしたが、妊娠7ヶ月を過ぎて日に日にお腹が大きくなっているなと感じたので、

お風呂上りにバイオイル→妊娠線クリーム→ニベアの順で保湿していました。

私にはこの保湿方法が一番合っていました。

 

手順1.Bioil バイオイル

傷跡・にきび跡・妊娠線の保湿など様々な用途で使えるバイオイルですが、予防にも効果がありました。

お風呂上りの濡れた状態でオイルを塗って浸透させていました。

 

※バイオイルではなくバイオオイルといった偽物も出回っているみたいなので買う際には注意してください。

 

手順2.バルーンマッサージクリーム

オイルを塗って浸透させた後に、クラシエのバルーンマッサージクリームを塗っていました。

 

通っていた産院で購入していました!
産院独自のものかと思って使っていたんですが、楽天で見たら病院で私が買っていた価格より1000円も安く売られていました(T_T)

ショック。。笑

 

少量でよく伸びますし、これを塗ったら妊娠線が出来ない気がしてお守りのように扱っていました。このクリームはほんとにオススメです!!


(使い込み具合がハンパない・・・笑)

 

手順3.ニベア スキンミルク しっとり

妊娠5ヶ月から使っているニベアのスキンミルクを最後に蓋代わりに塗っていました。

どこでも買えて、しっかり保湿できるのでニベア様様です。
ワンコインで買えるのも嬉しいです!

 

夜のお風呂上りは毎日この手順で保湿して、臨月に入ってからは朝起きた後や昼間に乾燥を感じたらすぐニベアを塗っていました。

 

スポンサーリンク

そして、一番保湿しなければいけないのは…

一番注意しなきゃいけない時期があります。
妊娠線は妊娠中に出来ると思っていませんか?

 

 

実は、出産後が要注意期間なのです!!!

 

SNSなどで産後に妊娠線が出来たという方が多くて、出産したその日から産後1ヶ月くらいまでは、保湿を欠かしませんでした。

 

妊娠線は急激な皮膚の変化によって起こるので、子宮と一緒にお腹の皮が戻る産後にも、妊娠線ができやすいみたいです。

なので、妊娠線を予防したい方は産後の妊娠線にも注意が必要です。

 

スポンサーリンク

保湿する箇所は?

家系的に妊娠線が出来やすい体質なのかなと思っていて、保湿を頑張っていました。
そして見事にお腹には1本も妊娠線が出来ませんでした。

 

しかし、

保湿を怠っていた太ももに妊娠線が、、、

 

 

なので、保湿する際は、妊娠線が出来やすい

二の腕・胸・お腹・太もも・お尻を保湿しましょう!!

 

私のようにお腹だけ!!としてると他の場所に妊娠線が出来てしまうかもしれません。

 

保湿する箇所が多くて大変だなと思うかもしれませんが、妊娠線は一度出来てしまったら消すのは大変です。
なので、今だけだ!と思って全ての箇所を保湿することをオススメします。

 

スポンサーリンク

まとめ

色々書きましたが、妊娠線に一番効果的なのは保湿です!!

たくさん保湿して、妊娠線がない身体を目指しましょう♪