子育て

【生後0〜3ヶ月】息子に読み聞かせして反応があった絵本【厳選】

ねんねの頃から沢山読み聞かせをしていたのですが、その中でもうちの子の反応がよくて興味を示していた絵本を紹介したいと思います。

 

人気シリーズから、保育士のオススメ本まで様々です。
読み聞かせの絵本を探している方の参考になれば嬉しいです♪

 

絵本の読み聞かせはいつから始める?

絵本の読み聞かせ いつから
 

と調べてみると月齢はまちまちで、新生児から読み聞かせしている方もいたのですが、私が見た中では3ヶ月から読み聞かせをしている方が多かったです。

早いに越したことはないかな?と思い、生後1ヶ月に読み聞かせを始めました。

 

赤ちゃんが機嫌良く起きている間に少しだけ読んでいたのですが、最初はじーっと見ているだけだったのが3ヶ月頃には笑顔が増えてきたりして本当にかわいかったです♡

 

図書館などで借りたり、買ったりして色々な本を読み聞かせしていたのですが、その中でも興味を示していた絵本、反応があった絵本を厳選して紹介します!

 

生後0〜3ヶ月の赤ちゃんに読みたいオススメ絵本

いっしょにあそぼ しましまぐるぐる


(画像クリックで絵本ナビ に飛びます)

 

ファースト絵本にオススメです!
「しましま(縞模様)」と「ぐるぐる(渦巻き模様)」が繰り返されていて、色のコントラストがはっきりしているのでねんねの赤ちゃんでも楽しめる絵本です♡

自分でページをめくるようになってからもお気に入りみたいで、色んな方にオススメできる一冊です。

 

いっしょにあそぼ あかあかくろくろ


(画像クリックで絵本ナビ に飛びます)

 

しましまぐるぐるのシリーズ物ですが、こちらもお気に入りです!

赤・黒・白のコントラストがある配色なので、視力が発達していないねんねの時期も興味津々でした。

赤ちゃんの好きな色合いで、ファースト絵本にもピッタリです。

 

かおかおどんなかお

(画像クリックで絵本ナビ に飛びます)

 

『楽しい顔・怒った顔・泣いた顔・いたずらな顔』など色んな表情のお顔が出てきます。

こちらも、じーっと見て興味津々でした。大きくなってからは、一緒に顔真似遊びをしたりと長く使える絵本です。

 

すこやかあかちゃんえほん しろとくろ


(画像クリックで絵本ナビ に飛びます)

 

白黒のハイコントラスト絵本です。

 

ぐにゃ〜が好きみたいで読むとにこっとしてくれます。

買う時にシンプルすぎるかなと思っていましたが、子供にはそのシンプルさも良かったみたいです。

 

なーんだ なんだ


(画像クリックで絵本ナビ に飛びます)

 

なーんだなんだ♪とリズムの良い言葉とともにパンダが出てきます。

 

ねんねの頃から色で楽しめて、大きくなってからも当てっこゲーム感覚で楽しめる、長く使える絵本です。

 

Sassyのあかちゃんえほん がおー!


(画像クリックで絵本ナビ に飛びます)

 

赤ちゃんの発達心理学を研究した色や形にこだわっているSassyの絵本。

人気のSassyシリーズの中でも、うちの子は「がおー!」が好きみたいです。

カラフルな色遣いが目を引くようで、成長してからもお気に入りの絵本になっています。

 

まとめ

ねんねの頃に読んでいた絵本の中で反応が良かったものだけ紹介しました!

有名なだるまさんシリーズや、いないいないばあ、じゃあじゃあびりびりなども読んでいたのですが、この頃はあまり興味がないみたいでした。

 

絵本ナビについて

画像リンクにつけていた絵本ナビは、絵本の試し読みができるので“こんな絵本”というのが分かりやすいです♪

 

参考にどうぞ

絵本ナビ 子どもに絵本を選ぶなら

 

 

全部オススメのお気に入り絵本なので、是非読み聞かせに使ってみてください。

たくさん絵本を読んで、子供との時間を楽しみましょう!

 

こちらの記事もよく読まれています